Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
Sponsored links
ゲーマータグ
twitter
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
仮想敵

流れに乗っかってギースコスチューム



どうもしらすです。
ツイッター上での暇ジャン事件に乗っかってジャッキーで龍虎の拳のギースコスチュームにしてみました。
うろ覚えでターミナルで作ったら髪の色とパンツの色が違うという失敗作w
ニステルさんの方が似てました。

しかし今時の子はギースを知らないというのはショッキングですね。
逆にしわ君が残影拳を語れる方がおかしいのかもしれない。
ソドムがジョイメカファイトを知ってるのもちょっと異常w


今回のお題は見えない敵
以前書いた画面が見えないと似た類の話です。
何を言いたいかのはもうわかるでしょう。
知識というものは中々厄介な物で、知らないと困りますが知っているからこそ困った事にもなります。
自分が知っているからといって対戦相手が知っているとは限りません。
例えばジャッキーの1K+Gでダウンを取った時、相手が受身を取ると2P+Kが避けれないタイミングで重なります。
この2P+Kをガードした後のシャッフルからの択に対して簡単にできる対策があります。
ジャッキー側もその対策に対してできる事があるのですが、そもそも対戦相手は最初の対策を取ることができるのでしょうか?
結局何度か試して相手を見ないと知ってるのか知らないのか、できるのかできないのかわかりません。
問題は試さないとわからない事。
仮に相手が対策を知らないとすると、ひたすらシャッフルで択をかける事ができます。
しかしここで問題になるのが自分が知っているという事。
自分が知っているぐらいだから誰でも知っているだろうという謎の思考。
自分が知ってて当然だという事が実は全然知られてなかったりします。
つまり、自分の中の勝手な判断で相手を作りあげてしまうという事ですね。
とりあえず試してみればいいのに知っているという前提で話を進めてしまい、やらなくなってしまいます。
こうなると単純に引き出しが一つ減る事になってしまうので、それだけで損になります。
また、とりあえず1K+Gを出してダウン取ったら2P+Kを出して押し付けるだけでダメージが取れるという可能性も自分から放棄する事にもなります。
早い話が自分で相手を強くしているという事ですね。
画面の中の相手ではなく、自分がイメージする相手と戦っているという事です。
わかりやすい例えを使いましたが何も特定の状況の話だけではなくて、例えば不利大で暴れが少ない、暴れても細い打撃しか出てこない相手にはひたすら投げるのが有効ですよね。
そこで膝が怖いから〜と考えて中段ばかり出してもあまり意味がありません。
まぁこういう事は色んな状況であります。
パンサイを嫌がってPをガードしても屈伸しないのに、投げは屈伸できるからP>投げをやらないとかね。
確かにこうすれば良いという解を自分が知っていても、相手がそれを画面の中に反映させているのか、とりあえず見てから判断しましょうという話でした。
これはこれで問題もあって、自分の周りでは知られてないから知っている相手に対する対策をまるで考えたり練習しなかったりすると、いざそういう相手と対戦した時に困った事にもなります。
なので誰に対してもあたかも知っている前提での行動を取る練習をする事も必要になります。
まずは相手にフィルターをかけない所からがスタート。

動画
ギースコスチュームにしない影使いがいた!

ジャッキーvs影



特に見所はない

CPU相手に色々やってるけどネタ的な物は全く出てこない
posted by: しらす | - | 03:32 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 03:32 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://silas10.jugem.jp/trackback/330
トラックバック