Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
Sponsored links
ゲーマータグ
twitter
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
2時間で書いたアイリーン対策

カオス




どうもしらすです。
道場のチャット部屋で土曜までにうめぼしさん対策して!とニステルさんに言われたのでカンタンにアイリーン対策。
いかんせん2時間で書いたので雑ですがその辺は勘弁して下さい。


ジャッキーなら単価勝負に持ち込めればそのまま押し切れるアイリーンですが、そこまで持っていくのが中々難しいです。
やっぱりアイリーンと言えばガードさせてからのキャンセル行動の択が基本だと思いますが、ここでやらないといけない事がいくつかあります。
アイリーンのキャンセル行動でよく見る技と言えば214Pの上段全回転と236P+Kの前宙からの中段Kとキャッチ投げのP+G
この辺りの技にしっかり対応していかないと良い様に押し付けられてしまいます。
逆にここをどうにかできればアイリーン側もかなり苦しいんじゃないかなと思います。
214Pの上段全回転にはスラント、1K+Gの下段、前宙はPで潰してコンボ、これが理想になります。
極端に言ってしまうとキャンセル行動ができるタイミングで下段を出すかPを出すかでこれらには対応できます。
しかしそうは問屋が卸さず、キャンセル行動には214K+Gと236K+Gの中段があれば214Kの下段もあります。
214K+Gは素直にガードすれば肘確、236K+Gはガードして+6が取れます。
ちなみに236K+Gで壁にぶつかると壁よろけになる上にノックバックがあるので壁との距離を把握してないと大惨事になります。
214Kは立ちガードしてるとよろけますが回復を頑張れば6Kとかはガードできます。
また、ガードすれば膝確でスカってもビートが確定します。

ではこれらを考慮した場合に何をすれば良いのか?
ぶっちゃけてしまうと中段の214K+Gは安いのである程度割り切って食らう事ができます。
ダメージが12>12なので3回に1回ガードしてしっかり肘確の技を返せばトントンですね。
サマーを返せればお釣りが来るんじゃないでしょうか。
246K+GもNHで+4かつ距離が取れるので壁際でない限り食らっても屈伸とBD~~、ビルジー、スラント暴れ辺りで何とかなるでしょう。
少なくともそんなにキツイ事されるような展開にはならないはず。
以上を考えると中段はある程度割り切ってしゃがみガードをしつつ飛んだらP、214Pだった場合は2Pで割るというのを軸にすると楽ですね。
飛んだのを見てから落とすのは難しいけど意識と訓練次第でそれなりにできるんじゃないかと思います。
逆に見てから落とせない場合はある程度アイリーンのジャンケンに付き合わされる事になりますが、そこはアイリーンの強みでしょうね。
しかし毎度毎度しゃがんで待ってるのも結局素直に受けに回ることになるのでスラントやPを出したり避けたりするのも必要です。
ちなみにキャンセル行動のさがるやつを見たらシャッフルすれば派生技は全部スカってシャッフルP+KPが確定します。
この辺をアイリーン側が嫌がってキャンセル行動にいかないで別の行動をしてきた場合はそれは人読みの範疇でしょう。
とりあえず時間がないのでキャンセル行動についてパッと思いつく限り書けるのはこんなものですね。
というかこれだけパッと思いついたのに今までやってたのは立ちガードかスラントを出すかしかしてなかったのは自分でもどうかと思う。

立ち合いに関しては肘が肩にスカされるので肩対策は4K、有利次第ではアッパー。
微不利の場合は軽量P持ちなので4Kを撒いてると割られてしまう事になるので注意。
6P+Kの一発目を見てシャッフルが出せるとアイリーンはかなり嫌がります。
地味だけどPP6Pの3発目もシャッフルで取れます。
ダウンを取られて起き上がる時に安易に起き蹴りを出すと4K+Gに潰されます。
特に横転からの起き蹴りは見やすいので横転から起き蹴りを出すのは控えた方が無難。
下段スカしもついているので下段起き蹴りもNG
最速で起きないでタイミングをずらしてのその場起き蹴りや後転からディレイをかけての起き蹴りが簡単な対処法ですね。

側面
全くわからない。
K+G側面ガードでアイリーンが-1、背後Pの発生が11なので軽量P以外の立ち技は出せず、下段は背後K+Gでスカされます。
アイリーンの背後Pのダメージが9、ジャッキーの2K+Gのダメージが10なので量対応ですね。
BDジャンプとかで拒否できそうな気もする。
基本的に側面ガードさせて-1〜-2が多くて肘さえ中々出せませんが、かといって2Pを出すと9Pの餌食なのでガマンとBDからの拒否、ビルジーやハイアングルぶっぱなんかが大事なのかな〜とフレーム表を見て思いました。
もちろん素直に肘を出すのも大事。

壁際
壁平行でアイリーンが壁に背中を向けてたら2K+GKに注意。
対になる中段の6P+Kでも壁にぶつけられそうな気がするけど、どうなんだろう。
壁正面で追い詰めた場合に6P+Gで立ち位置を変えて壁コンまで持っていけるのでこれも注意。
知ってるのはこれぐらい。

動画
宣言通りのうめぼしさん動画と、それだけではうめぼしさんがあんまりなので何もできないで死ぬ動画

vsうめぼしさん



ジャッキーvsアイリーン




そのうちちゃんと書く(と思う)
忘れてたけどキャンセル行動の236Pがガードさせて有利な中段だけど、発生30だから見てから立ってくださいw
むしろ見てから避けろ!
キャンセル行動が多いし面倒でリオン対策を書いてた時はイージーモードなんじゃないかと思った。
posted by: しらす | - | 04:45 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 04:45 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://silas10.jugem.jp/trackback/318
トラックバック