Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
Sponsored links
ゲーマータグ
twitter
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
画面が見えない

画面を見ましょう



どうもしらすです。
最近急に勝てなくなりまして、自分より強い人はともかく誰とやっても勝ち越せないというのは正直どうかなと。
自分でやってても下手だな〜と思う事が多くてこれは一体何なんだろうと考えてたんですけど、ある時急に感じました。
画面見てないなと。
確反を返せない、直2をかけてない、足位置見えてない、リング・壁が見えてない、同じ事をする、同じ負け方をする。
色々ありますが画面を見ない弊害は如実に現れていますね。
例えば下段を避けて相手はしゃがみ状態なのにPを返すとか、投げ確に打撃を返すとか、K+GKがスカるとか、抜けないと死ぬ投げを抜けないとか。
ただでさえ下手で基礎もできないし精度も悪いのに更に画面見てないとか救いようがないわけで、そりゃこれだけダメなら勝てる相手にも負けるのも納得。
というわけで今回は画面を見ましょうという話。

そもそも人間よほどの人じゃない限り反射神経なんか大した差がでないんですよね。
そしてちょっとぐらい反応が悪くてもちゃんと動かせればある程度の所まではいけます。
自他共に反応が遅いと認めるくまさんが天魔王までいける事を証明しています。
自分はそこまでくまさんが遅いと思ってないというか、こっちの方が反応悪いまでありますけど。
結局、多少遅くてもしっかり動ければ戦えるはず。
とすれば、しっかり画面を見て画面の中で起こっている事に対してしっかり反応して動けるようになれば良いわけです。
ではそもそもなぜ画面が見えないもしくは反応できないのか?
自分がプレイしていて幾つか思い当たる理由があります。

・何かを入れ込んでいる
・手癖で動いている
・展開が早くて追いついていない
・そもそも見る気がない

一つずつ見ていきましょう。

・何かを入れ込んでいる
何を入れ込んでいるのか?
人によって様々ですが、自分の場合は避けキャン。
よく対戦している方は気づいてると思いますが、非常に多くなっています。
確かに避けキャン自体はかなり強力な防御行動なんですけど、本来の避け抜けのコマンド数と比べると 2or8>4or5or6P+G の2コマに対して 2>1or3>1or3 と3コマなのでそれだけ反応も遅れます。
1コマ分の猶予だけでかなり落ち着いて画面を見る事ができるんじゃないかなと。
少なくとも見えてるのに反応できないという状況はある程度減るでしょう。
かといって避けキャンはいらないのか?というとそうでもなく、要は使い所とバランスでしょう。
まずは-5以下は屈伸を中心に混ぜる、-6以上の時は控えるという所から始める。

・手癖
これまた人によるんですけど、自分の場合は避けキャンが手癖になってます。
もうね、どんだけ頼ってるんだよって話ですよ。
投げを抜ける気が全然ないから困る。
~~がガードされた後は大体避けキャン、という感じで手癖になっています。
ぶっちゃけてしまうと今は肘、アッパー、シャッフルP+K、受身の後ですね。
他にも本人が気づいてないだけでもっとあるでしょう。
~~の後に限らず困ったら避けキャンというのもあります。
この手癖と画面を見ていないというのがどう繋がるのかという事ですが、この手癖を狙い撃ちされて毎回同じ状況で同じ技を喰らったりします。
また、相手が同じ状況で同じ防御行動を取っているのにそれ対して手癖で技を返しているので効果的な攻めができない。
相手からすれば〜〜の後は〜〜しか返ってこないから〜〜安定、となるので画面見てないと思われるでしょう。
しっかり画面が見えていれば後は反応してその行動を潰す行動を取るだけです。
それが簡単にできたら苦労しないんですけどね。
少なくともしっかり画面を見ようとすれば手癖で動く箇所は減るでしょう。

・展開が早くておいついていない
これも難しいんですけど、自分はそもそもこのゲームのゲームスピードにまだ慣れていません。
全部最速でやろうとすると、とんでもないゲームスピードに途中からわけがわからなくなってきます。
わけがわからなくなって手癖だけで動いたり、明らかに自分が有利なので手を出せなくなったりします。
ここまでくるとまた画面を見てないという事になります。
以前書いた事がありますが、面白い物で自分が主導権を握っている時は展開が早いとは感じないのですが、相手が主導権を握っていると早いと感じるようになります。
そりゃ自キャラは自分が動かしたようにしか動かないので当たり前なんですが、相手のキャラはそうもいきません。
何が出てくるのか、どう動くのか、どういう風にタイミングをずらすのか、どのように緩急をつけるのか。
しっかり見ていないとわかりません。
逆にしっかり見ていればある程度の予測はついてくるので慌てる事も減ります。
加えてキャラによって特定の状況ではセオリーがあるので知識次第で何がくるかは予測できます。
例えば側面で+9を取った時はPと肘、ミドルの中段で択をかけるのが一般的ですよね。
とすれば不利側は立ちガードをするかしゃがむ、もしくはしゃがみ判定になる技で暴れるのが不利側の対処法となります。
しかし、ここで延々と立ちガードをしてしまうと延々とPを食らってしまいます。
同じ状況で10回同じ技を出して10回当れば確定まであります。
これも画面を見てないのと同義ですね。
知ってさえいればしっかり対処ができる、しっかり対処できれば相手が延々と主導権を握る事もない。
ともすればどこでやられているのか、何をわかってないのか、しっかり調べて同じ轍を踏まないようにするのが根本的な解決になります。

・そもそも見る気がない
とりあえず俺は死んだ方が良い

画面を見るのがどれだけ大事なのか、画面を見れるようにするのはどうすれば良いのか、画面を見た上でどうすれば良いのか。
一つずつクリアしていきたいですね。

動画
随所で画面を見てない動きをしてる

対リオン


ちゃんと強いリオンが八幡に来てくれるようになったので嬉しい


とりあえず何でもかんでも避けキャンするのをやめる所からがスタート。
全然画面見てないのによくここまでやってこれたなと思う。
posted by: しらす | - | 00:49 | comments(4) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 00:49 | - | - |-
自分では結構やっているつもりなんだけどキャラ対策とか全く出来ていないから知らないキャラにはとことん勝てないっていうおなじみのパターン.
秋葉原とかキャラの幅広さ,段位の豊富さで環境は最高!!
影のランクが本当に中央らしいのでやりがいは感じる反面,もう少し融通が利く技かダメージが欲しいと思う事も.
負ける理由は大体,「知らない」か「下P症候群」か「顔真っ赤」のどれかw
しらすさんみたいにしっかり自分の行動を見直して直して行けるプレイヤーは「画面を見ていない」とは言わないと思う.
とりあえず超人に戻りたい.願わくば将クラスに.
次あったら対戦しましょう!!

あ,戦国大戦楽しいよ♪
| しおがま | 2011/07/26 1:04 AM |
・展開が早くておいついていない
これって見てないというか中途半端に見てしまっているのだと思います。
見てしまうから「動こうとする」「固められてしまう」⇒「結果思うように動いてくれない」ということが起こる、これは自分もそうなんですが…

なので、画面を見ないってのも場合によっては強いと思います。
マンシさんが前に言ってた「Pカウンターで喰らったら、目をつぶってツナミ連打」ってのも強いと思いますし。
セットプレーなんかもある意味画面見ない方が強かったりしますし。

要は割り切りなんでしょうね…
| あむざん | 2011/07/26 12:38 PM |
画面をしっかり見すぎるのは相手に信用させることにつながるので、時には見ないことも大事だと強豪プレイヤーの方が言ってました。

要するにメリハリなんでしょうね。
| ラウ使い | 2011/07/30 11:16 AM |
>>しおがま君
秋葉は人がいるのは良いけど今更100円1クレでやる気にならないんだよね。
船橋も八幡も安いし。
他所に出ないと相手が偏るから知らないキャラはとことん知らないで終わっちゃうけどね。
戦国はカード追加される直前に半額店でちょっとやってたよw

>>あむざんさん
中途半端に見てるっていうのは言われて見ればそうなのかなと思いました。
画面を見ないというよりは相手に信用させないというのが強いのかなと思います。
今回は見えればどうにかなるものはしっかり見ましょうって事なのでちょっと主旨とはずれるんですけどね。

>>ラウ使いさん
画面を見ないで膝を擦って良い時としっかり画面見て動かない時の区別ができれば良いんですけどね。
そこが難しい所だと思います。
| しらす | 2011/08/07 11:52 PM |









この記事のトラックバックURL
http://silas10.jugem.jp/trackback/316
トラックバック